一口馬主への投資とロマン

ノルマンディーオーナーズクラブでの一口馬主の記録。 自分なりの馬の選び方や判断基準を綴っていきます。
東京でのサラリーマン生活におさらばして北海道で牧場作業に従事してます。 いつまで続くのやら・・・。
youtubeにあげてる動画はこちらから

アンナラヴェリテ

クイーンズトゥルーまたまた嬉しい誤算

クイーンズトゥルー
9/02(日)札幌 3歳未勝利(芝2000m・混)岩田康誠


なんと!想像できる中で一番ベストなレース選択です!
しかも鞍上は岩田騎手となんとも手が合いそうで期待度上昇です。
相手次第ではありますが、奇跡の勝利。あると思います。

→勝った場合
その後はどうなるんでしょう?
一旦休養するのは既定路線として、復帰後はこのまま芝中距離?
それとも兄が活躍しているダート路線?
勝ったら勝ったで悩ましいですね。
早めに適性を見極めれればよいのですが、芝中距離路線では現状上のクラスでは通用するとは思えません。

→負けた場合
想像したくありませんが、負けたら地方行きですかね?
掲示板確保でスーパー未勝利には出れるはずですが、輸送と適鞍がないことを鑑みると地方転出が一番可能性が高いのではと考えます。
ただ、この馬に関する思い入れというかなんとかしよう感はひしひしと感じますので、ギリギリまで出走する方向で進めるんではないかとも思います。

→やっぱり
岩田騎手がなんとかしてくれる気がします。
モレイラ・ルメール両方とも他場の重賞乗りに行ってくれんかなぁ。
特に札幌芝2000mを庭にしているモレイラ。。。

【アンナラヴェリテ】
最後にアンナラヴェリテが月末滑り込みで出走予定。
古馬との対戦、B2クラスと不透明な部分が多々ありますが、重賞以外は1~2着と好走してくれている馬なのでここでも期待。
頓挫ありましたが、がんばって欲しいところです。


園田競馬所属の地方馬への出資を収支の点から考察する(アンナラヴェリテ編)

ノルマンディー所属のアンナラヴェリテについて収支の面から「有りか無しか」を考察したいと思います。
結論を先に申し上げると、無しです。

2018年5月終了時点(6月請求分)での収支で、100分の1口を所有しています。

【支出の部】
馬代金:45,000円(一括10%オフ適用)
維持費:31,071円(初回維持費7,000円は預かり金のため除く)
保険料:1,800円(2年分か1年半分)

【収入の部】
2勝(内、同着1回)、2着2回、着外2回(内、重賞2回)
賞金等:27,497円

【収支】
マイナス50,374円

【総括】
重賞にギリギリ出走できる活躍ですが、残念ながら、現時点では維持費すら回収できておりません。
新馬勝ちで、オープンクラス(3歳AB)を勝ち負けできるレベルのアンナさんですら賞金<維持費と厳しい惨状です。
収支がトータルプラスになるには、重賞勝ち、もしくは月1.5走で勝ち負けを繰り返す。
このような高いレベルが求められることになります。

■アンナさんの問題点
園田の場合は中央と違い、2着賞金がガクッと減るので入着の恩恵が低い。
(2着賞金:中央は1着賞金の40%、園田は28%と12%の開き。)
それに加え地方競馬はそもそもの賞金が高くなく、3歳AB組の2着だと月の維持費と同じくらいです。
勝ちきれない点を解消できれば収支も改善できそうなのですが・・・。

【結論】
それでもわたしは園田所属馬に出資します!
平日に走ってくれて、近所で応援も行きやすいから!

スポンサー
一口馬主DB
楽天市場
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ