2018年は7月の新馬戦から始動がはじまったノルマンディーの16年産。
昨年の始動日はどうだったのかちらっと調べてみたところ2017年7月15日にデビューはしてたんですね。結果はお察しですが。。。

さて、今年の結果はみなさんご存知の通り
タイドオブハピネス 3着/11頭(2番人気)
ソルパシオン 5着/16頭(5番人気)

両馬とも掲示板を確保!1頭は馬券内に!とここだけ見ると好発進ですが。
タイドオブハピネス=父が実質ディープインパクト
ソルパシオン=父の父がディープインパクト

これって、これくらい走って当然の馬では?
勝ち上がりが見える競馬でしたが、他馬についてはまだまだ楽観視するのは早計ではないでしょうか?
(17年産の出資について、岡スタ産のディープ関連馬は要注目ということも忘れてはいけませんね。)

と、いいつつ、続々と小野町や育成牧場に2歳馬が移動していくと期待せずにはいられませんね。
最後に出資馬の現在地について記載して終わりにしたいと思います。

アイヴィーザ:ノルマンディーファーム(秋以降入厩予定)
ヒマワリ:ノルマンディーファーム(砂のぼりで頓挫)
プティリュシオル:NSR

中央馬が昨年同様の遅さ。。。アカン。。。笑。
今年ものんびりいきましょう。焦っても仕方ありませんので。