一口馬主への投資とロマン

ノルマンディーオーナーズクラブでの一口馬主の記録。 自分なりの馬の選び方や判断基準を綴っていきます。
東京でのサラリーマン生活におさらばして北海道で牧場作業に従事してます。 いつまで続くのやら・・・。
youtubeにあげてる動画はこちらから

クイーンズトゥルー

嬉しい誤算

ノルマンディーの近況更新で嬉しいサプライズがありました。

クイーンズトゥルーの次走が札幌の芝2000mとなり、現在函館に入厩済みと。
以前にすこし書きましたが、一番理想的なパターンが採用されており、後は中2週で使えるか否かといったところに。残りの数週間はトラブルなくいくことを祈りましょう。
また、今回の判断は厩舎側、クラブ側どちらもこの馬の事を真剣に考えてくれているのだな(さすが高い馬だな)と再認識させられましたので、好結果で応えて欲しいものです。

他クラブを経験してないのでなんとも言えない部分もありますが、ノルマンディーのこういったひとつ勝たせて長く走らせようとする姿勢は、零細一口馬主には嬉しい限りですね。
現2歳勢も続々とデビューしてきますので、負けずに頑張れ崖っぷち世代!

【本日の結果】
ミラビリアが新潟12R 500万条件のダ1200mに登場。
先団に取り付け直線入口までは頑張ってくれましたが、追い込み勢に飲み込まれ「なんとか掲示板!なんとか8着までに入れ!」の希望も虚しく10着でゴールイン。
逃げた2番の馬も潰れましたので致し方ない結果なのでしょう。ここで一息入れて次走は得意の中山開催で良いのではないでしょうか。お父さんゴッホの血が覚醒するのを楽しみにしたいと思います。

7/22 クイーンズトゥルー 未勝利戦の結果

★7/22(日)福島・3歳未勝利(芝2000m・混)柴田善臣騎手 結果2着

【結果振り返り】
惜しい競馬でしたが、悔しい悔しい2着でした。
これが5月6月ならバンザイしてるところなんですが、タイミングを考えると複雑な心境です。

パトロールビデオも見終わりましたのでレースについて少し。
まずスタートで少し右によれます。が、12番枠が幸いして(11番枠との間に連結部がある)隣の馬にぶつからずそれなりのスタート。先行集団を見ながら好位置で競馬を進めます。
勝負所ではじりじりポジションを上げながら直線へ。このとき外から勝ち馬に前に出られて万事休すかと思いましたが、そこから喰らいつく!
も、先行馬を捉えたところでゴールイン。

勝った馬は出遅れてこの競馬ですから現段階では力が上でしたね。新馬戦1番人気になるような馬ですから致し方ないのでしょう。

そして、なにより柴田善臣騎手の好騎乗も光ったレースでしたね。
少しコースロスはしていますが、常に芝のいいところを走らせて揉まれず包まれず気分良く走れたのではないでしょうか。
(ちなみにこの日は福島1R7Rメインの11Rと3頭の人気薄馬を複勝圏まで持ってきていました。勝ってないのがポイントです。笑)
先生の進言から始まったこの1週間でしたが、好結果となって良かったです。

【今後の予想】
ここからが大問題。私の無い知識を振り絞って予想してみます。
・順調に使えて、
8月12日新潟芝1800m(中2週)→9月2日新潟芝2000m(中2週)→スーパー未勝利

・馬体重が減ってたこと、優先出走権を加味すると、
8月18日新潟芝2000m(中3週)→スーパー未勝利

どちらにしろチャンスは2回、多くて3回しかありません。
(2か月に1回しか走れない子だからチャンスは1回しかないかも・・・)

個人的には少しでも涼しい札幌にもっていってくれないかと思ってますが、このタイミングでそれはできないのでしょうか?
日程的に厳しいでしょうが、8月5日札幌芝2000牝馬限定とか使えたら最高なんですが・・・。

【総括】
これまで当ブログのスタンスは、晩成で小柄な馬なので地方転出からの再転入だろう。
と思ってましたが、芝2000mでの好走で完全に色気が出てしまっております。
残りのチャンスは少ないですが、なんとか勝ち上がって欲しいと思います。
関係者の皆様何卒宜しくお願いします。

ノルマンディー高額馬の現状について(ロワセレスト&クイーンズトゥルー)

さて、シルクの大躍進を傍目に大失速のノルマンディー15年産。
なにかと叩かれがちな2頭の問題点をここで指摘したいと思います。

まず、勝ち上がった馬達との一番の違いはここだと思います。

『適性の見極めができているか否か』

勝ち上がった馬
・シークエル、ギガバッケン、ファントムメナス、ジャスパーゲラン
→どう考えてもダート馬で、ダートで勝ち上がり

・ミラビリア、オンファサイト
→芝でデビューもダートで勝ち上がり
 デビュー戦で大きく負けておらず、うまくメンバーが手薄なダート戦で勝ち上がった印象

『馬の頑丈さ』
3~4戦目で勝ち上がり
・ギガバッケン、ミラビリア、ジャスパーゲラン
→使いつつ、適性を見極め、勝ちに近づく。これぞノルマンディー。

2戦目で勝ち上がり
・ファントムメナス、オンファサイト
→ファントムメナスは外厩でビシバシ叩かれ、デビュー後は中1週。
 レースできる体力をつけてくれた外厩と、タイミングの見極めが的確だったのではないでしょうか。
→オンファサイトはよくわかりませんがデビュー戦4着は能力の証でしょう。

デビュー勝ち
・シークエル
→素直に勝つ能力があったのでしょう!

「一番の違いはここだ」と切り出しておいて、しれっとふたつめの問題点を出す。
あると思います。


それでは高額馬2頭(※他のクラブでは中間価格)がどういう経緯でここまできたか見てみましょう。

・ロワセレスト(2戦14着、8着)
→ダートの1600mという謎のデビュー戦を選択。
→その後、節を稼いで芝2400mへ
→足を痛め外厩へ

んー。調教の段階や、レース後の騎手コメントでは芝よりダートの方がいい。ってみんな言ってましたよね??
で、2戦目使ったレースが芝の2400m。どういう意図なんですか??
東京のダート2100mがあるタイミングでわざわざ先に芝使うって・・・。
先にダート2100m使ってから芝を試すとか、勝ち上がってから使うべきでは?
勝算があって使ったのか、先々見据えて使ったのか。
これで勝ち上がれず終わったらさすがに厩舎NGになりますね。

ただ、ここにきて外厩でのコメントではありますが、「ピリッとしてきた」とあり、これは素直に期待してしまいます。
なんせパドックでのんびり歩いて前との馬の間隔空きまくるようなのんびり屋さんですから。
走ることに前向きになれば勝負になるのではないでしょうか。


・クイーンズトゥルー(2戦9着、11着)
→芝のマイルでデビュー
→血統的にダートってことでダートマイルで2戦目
→食が細く体重との闘い再び

こちらはもう兄弟揃って遅咲きですし、以前から地方出戻りの示唆もありますので全然焦ってません。
高額馬だから初戦から結果を出せって言うなら他のクラブで馬買った方が精神衛生上は良いと思いますよ。よそは2歳の6月からガツガツ使っていますからね~(遠い目)。
まぁ、募集時のカリカリの馬体がまだ成長しきってないので、ゆっくり使いながら競馬覚えていってほしいですね。無理強いして素質の目だけは摘んでほしくないです。



スポンサー
一口馬主DB
楽天市場
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ