一口馬主への投資とロマン

ノルマンディーオーナーズクラブでの一口馬主の記録。 自分なりの馬の選び方や判断基準を綴っていきます。
東京でのサラリーマン生活におさらばして北海道で牧場作業に従事してます。 いつまで続くのやら・・・。
youtubeにあげてる動画はこちらから

馬の選び方

一口馬主の「馬の選び方」その3。厩舎編。

皆さん、馬選び、楽しんでますかー?

本日は、一口馬主1年生のわたくしが、この1年で覚えた言葉。
そして2年生になったわたくしが馬選びの際に重要なファクターとして利用するポイントをお伝えしたいと思います。

それは「厩舎選び」です。
この1年『NG厩舎』という言葉を何度聞いたでしょう。
もちろん相性があるので一概には言えないと思いますが、
この1年各馬の近況や、転厩など色々な事象を傍目に見ていて。
「これはあるな」と。切実に感じた次第であります。

【ノルマンディー(勝手に)おすすめ厩舎】
昆厩舎
・実績もノルマン相性も良し。安心感といいますか、安定感のある印象です。

高木登厩舎
・名牝キョウエイトルースの子はこの厩舎。クイーンズトゥルーも宜しくお願いします。

国枝栄厩舎、山内厩舎
・言わずもがな、ベテラン厩舎

尾形和厩舎
・ブラゾンドゥリスを重賞馬に。ロワセレストで結果が出てませんが、師自身が調教に乗ってくれたりと悪い印象はなし。結果がついてこれば胸を張っておすすめしたい厩舎です。

田中淳厩舎(北海道)
・ローズジュレップを重賞馬にし、今年はハッピーグリンで中央挑戦。腕は間違いないでしょう。


【ノルマンディー個人的NG厩舎】
宮厩舎
栗田徹厩舎

・書いても気分が良い事はないと思いますので、理由は割愛します。
・あくまで個人的なNGですので、気にしなくて問題ないと思いますし、気にしたところで失敗する確率がちょっと下がるかも程度です。


始めにイメージした期待値を越えれるか、越えれないかの部分を「厩舎」が占める割合はかなり大きいのではないかと思います。
適性の見極めからレース選択。もちろん日々のトレーニングやケア、そして異変に気付くスピード。
もちろん目に見えない部分が大半だとは思いますが、うまく見極めていければと思います。


一口馬主の「馬の選び方」その2。

2015年産ノルマンディーから一口馬主をはじめ、勝ち上がり率50%(+地方馬)を記録している奇跡の男の馬選びです。←やかましい。

【最重要出資基準】
馬代金+2,000万円(引退までの維持費概算)

→上記の金額を獲得賞金が越えるポテンシャルがあるか否か(稼げそうか、稼げなさそうか)で判断します。 

馬代金は血統等で大きく差が出ますが、それ以外の維持費(飼葉代、輸送費、その他諸々の経費)は安馬も高額馬も大した差はないのでまずは上記の式で計算します。
1億の馬も1,000万円の馬も買った後にかかる費用はほぼ同じ』
ここ、テストに出ます。

それでは2014年産のノルマンディーを参考にしてみたいと思います。
nor2014

1位~3位は文句なしでプラスですね。後は走れば走るだけ儲かります。
4位、5位も同じように既にプラス域でしょうか。走れば走るだけ儲かります。
6位、8位、9位がちょうど損益分岐点あたりでしょうか。ここからは走れば走るだけ儲かります。
7位の馬は高額な分あと少し、今後の活躍に期待です。
10位はあと1勝、それ以下に関しては2勝が欲しいところですね。

注目すべきは4位、6位、7位あたりでしょうか。ペイラインまではきておりますが、高額な分十分にプラスとは言えません。(諸々差し引かれるお金もあるので)

逆に3位、5位あたりは格安馬にも関わらず稼いでくれています。
3位のデスティニーソングは、現段階でざっくり一口あたり約5万円の収益ですね。知らんけど。

【総括】
安馬は2つ勝てるかを見極める。
中間価格馬3勝プラスアルファがありそうか見極める。(条件戦での入着や、2歳重賞など)
高額馬は重賞勝てる自信があればGO!ではないでしょうか。



一口馬主の「馬の選び方」その1。

一口馬主の「馬の選び方」の正解は。

ありません!

というわけにはいきませんので、今回も勝手に自分の選び方を紹介したいと思います。
参考になるかもしれませんし、ならないかもしれませんが、どうぞお付き合いください。

【重要なお知らせ】
一口馬主歴1年の素人です。
出資馬は右→にある通り。
2018年5月25日現在、6頭中3頭(ノルマン15産のみ)が勝ち上がっていますので、
センスがあるかもしれませんし、たまたまかもしれません。

それでは、どうでもいいわたくしの選び方を披露する前に、まずは私見を。
馬の選び方に答えなんてない。というのは本音です。
 正解があるのなら走る馬がわかってしまい、走らない馬は買い手がつかない→競馬場に来ない→
 レースが成立しない。という図式が成立してしまいます。
 血統派だ、馬体派だ、ロマン派だのありますが、結局のところみんなわかってないんです。
 未来の事はわからないんです。そう、だからおもしろいんです!

では考察です。
データの部分から紐解くと、歴代最高獲得賞金ベスト3の馬は
1位 ジェンティルドンナ:17億(募集額:3,400万円)
2位 オルフェーブル:15億(募集額:6,000万円)
3位 ブエナビスタ:15億(募集額:4,000万円)
(一口馬主DBより抽出)

超良血というわけでもなく、中価格帯の馬がトップ3と相成りました。
このことから、「天下のノーザンファームですら募集時(1歳時)に2~3年後の活躍の程がわかっていない」ことがわかります。(※募集価格と獲得賞金が完全には比例しないという点で)

逆に超良血や期待度マックスの高額馬の成績はこちら。
1億円以上の募集馬で1億円以上稼いだ馬:23頭/103頭

(※データの抽出は適当ですので間違っているかもしれません。
  他人の言うことは疑ってかかりましょう。)

プロが走ると思った馬(もしくは、高い値段をつけれる価値のある馬)も2~3割程度しか走らない。
血統が良いからといって、確実に走るとは限らない。(※走る確率は高いと思う)

あと、馬体考察系のブログもよく見かけますが、走る馬体・走らない馬体がわかるのであれば、上記のような稼ぐ馬をすべて持つことも可能であったでしょうし、それができていないってことでお察し。
そもそも生産者ですらわからないものが素人にわからんでしょうね・・・。
(安い馬が走ったり、高い馬が走らなかったりという意味で)


【結論】
・好きな馬を買えばいい
・ただ、投資ですので、事前にルールだけはしっかり把握しましょう。

はじめて買った馬券は同伴者(またはその類の人)と同じ馬券でしたか?
違う人の方が多いのではないでしょうか?
競馬とはこういうものだよ、と教えられて好きな馬券を買う。
自分で選ばないとつまらないですよね?
一口選びもそれでいいと思います。

いくら費用がかかるのか、きちんとリスクを把握して好きな馬を買えばよいのではないでしょうか
次回は、自分の選び方を備忘録的に記してみたいと思います。

つづく

90_assoc728x90

ノルマンディーの現状をガチャでわかりやすく例えてみる。その4(2015年産)

みんな大好きガチャ!と。
みんな大好きノルマンディー!を。
合体したノルマンディーガチャ。

さて、とりあえず今回で最後となりますノルマンディーガチャ。
運営が大炎上した暗黒の2015年産ガチャで締めくくります。

2011・2012年産ガチャ結果はこちら
2013年産ガチャ結果はこちら
2014年産ガチャ結果はこちら

【ノルマンディーガチャのルール】
・その名のとおりノルマンディーでの出資を「ガチャ」に例えてみただけの駄文です。
 ウルトラレア・スーパーレア出たらラッキー、ノーマルカードでがっかり。
 そう、出資とはよくある日常の光景と同じだったのです。
・完全に結果論(ガチャを引く前に排出率は非表記の為)ではありますが、
 排出率等は今後の参考になるかもしれませんし、ならないかもしれません。
・あくまでも勝手に検証です。寛大な心で見てください。
・データの抽出等が適当です。性格なのでご容赦ください。
【追加ルール】
・執筆時のレアリティです。今後の活躍でカードが進化し★5レジェンドになる可能性も?!

普段は[一口馬主データベース]を基に、勝手に検証をしていますが、今回はまだ結果が出ていませんので個人の主観100%でお届けしたいと思います。

◎2015年産ノルマンディーガチャ◎
当たり排出率:6頭(勝ち上がり)/41頭(デビュー馬)

★4ウルトラレア
・いくら贔屓目に見てもいなさそう・・・。出でよ重賞馬!

★3スーパーレア
・シークエル(なんとなく1000万は勝ちそう)
・ファントムメナス(贔屓目で3勝すると願って)

★2レア
・ギガバッケン
・オンファサイト
・ミラビリア
・ジャスパーゲラン
・ホマレ(多分大丈夫)
・ロワセレスト(頼んます!)
・クイーンズトゥルー(頼んます!!)
・ヴァイスブリッツ(復帰が間に合えば・・・)
・ラクシュミー(そろそろ順番回ってきそう?)

他にも5頭くらいは勝ち上がれそうな感じでしょうか。
順調にいけば15/41頭になりそうですので、そうすると及第点といったところでしょうか。

この結果を踏まえて、2017年産ガチャについて検討するのも一考ではないでしょうか。
ご利用はご計画的に!


余談ですが、自分はガチャ運が良さそうなので2017年産もひかせていただきますよ!
尚、抽選運は悪い模様・・・。


ノルマンディーの現状をガチャでわかりやすく例えてみる。その3(2011~2012年産)

みんな大好きガチャ!と。
みんな大好きノルマンディー!を。
合体したノルマンディーガチャ。

新参者には未知の領域になってまいりましたので、勝ち上がり率と代表馬のみで2011年・2012年産を振り返ってみたいと思います。

2013年産ガチャ結果はこちら
2014年産ガチャ結果はこちら

【ノルマンディーガチャのルール】
・その名のとおりノルマンディーでの出資を「ガチャ」に例えてみただけの駄文です。
 ウルトラレア・スーパーレア出たらラッキー、ノーマルカードでがっかり。
 そう、出資とはよくある日常の光景と同じだったのです。
・完全に結果論(ガチャを引く前に排出率は非表記の為)ではありますが、
 排出率等は今後の参考になるかもしれませんし、ならないかもしれません。
・あくまでも勝手に検証です。寛大な心で見てください。
・データの抽出等が適当です。性格なのでご容赦ください。
【追加ルール】
・執筆時のレアリティです。今後の活躍でカードが進化し★5レジェンドになる可能性も?!

毎度毎度ではありますが、[一口馬主データベース]を基に、勝手に検証をしてみたいと思います。

◎2012年産ノルマンディーガチャ◎
当たり排出率:10頭/20頭(当たり率驚愕の50%)

代表馬
★4ウルトラレア
・ブラゾンドゥリス
・ルールソヴァール
・ビスカリア

★3スーパーレア
・ルグランパントル
など

重賞馬2頭に回収率約1500%のビスカリアと★5レジェンドクラスの活躍馬を排出した2012年産。
どれか1頭でも出資できていれば一口馬主生活がかなり楽にはなったのではないでしょうか。

◎2011年産ノルマンディーガチャ◎
当たり排出率:10頭/20頭(当たり率驚愕の50%)

代表馬
★4ウルトラレア
・アパルトゥーラ

★3スーパーレア
・イオラニ
など

引退馬ばかりでよくわかりませんが、現役2頭は上級クラスまで登りつめています。
ノルマンディーの価格帯であればオープン馬、それ即ち回収率プラスを意味するでしょうから孝行馬たちですね。


さて、驚くべきは2年連続の勝ち上がり率50%!!
2頭買えば1頭は勝ち上がる。2回ひけば1回はレア以上。
ゴッドフェスもびっくりのノルマンディーガチャ。

ちなみに気になって調べてみたところ
2013年全体はまたまた10/20と50%
当たり年といわれた、2014年が15/35と約42%

こんな数字だけ見たらそりゃノルマンディーで検討しますわな。
そうです、ここで運営より暗黒の2015年産ノルマンディーガチャが用意されるのでした。
つづく


スポンサー
一口馬主DB
楽天市場
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ