一口馬主への投資とロマン

ノルマンディーオーナーズクラブでの一口馬主の記録。 自分なりの馬の選び方や判断基準を綴っていきます。
東京でのサラリーマン生活におさらばして北海道で牧場作業に従事してます。 いつまで続くのやら・・・。
youtubeにあげてる動画はこちらから

2018年10月

ノルマンディーのカタログ到着

少し時間が取れたので早速全頭チェックしました。
そしたらカタログを見て気になった馬が1頭いました。

ペッシュドールの17です。

どこがどうってのはないのですが、総合的に見てなんか気になってます。
まぁ、こういう見落としは昨年、一昨年とありましたから紙できちんと見て良かったと思います。

で、逆に候補から外した馬も数頭。

キョウエイハツラツの17は芝ダート不明の為パスですね。
2歳戦絶好調のジャスタウェイ産駒に出資したかった部分はありますが、ジャスタウェイ産駒に出資するならノルマンじゃないなと。
いう結論に至りました。

あとフサイチジェットの17も紙で見てやっぱり高いなということでパス。
15年産の勝ち上がり馬も安馬多かったですから、安馬でコツコツ稼いでくれそうなのを狙いたいと思います。そういうクラブだったはずですし。

と、いうことで気がつけば3頭まで絞れてました。
2頭は抽選必至!な感じですので3頭申し込みでいこうかと考えています。

募集馬見学ツアーの情報に惑わされないようにしないと・・・。

ノルマンディー17年産の先行募集について

募集馬の情報が一通り出揃った感のあるノルマンディー17年産。
血統派、馬体派、動画派、それぞれいろいろな考察があり楽しい日々ですね。

当ブログは血統よくわからない、馬体見てもよくわからない、動画見てもさっぱりわからない。と三拍子揃った上に抽選負けするというどうしようもないブログです。
そんな当ブログの2017年産ノルマンディーの先行出資は、

1.どうせ追加募集があるので先行では2頭ほどを予定
2.ホマレの下(父タニノギムレット)が募集されるはずなのでそこに予算を残す
→1次で2頭、2次から4次で追加2頭の計4頭を予定

3.抽選外れたらスターズファンドに5口
→むしろ候補馬が2頭含まれてるファンドがあるのでそこに10口でもいいかも?

4.現状これだという馬はいないのでカタログ眺めて決める
→これまで同様に直感を大事に
※北海道在住なので10月10日現在カタログは届いてません。

【気になっている馬】(募集番号順)
1ヤマノラブの17→40口なのでNG
4オメガフレグランスの17→募集直前に兄姉が走った馬は買い?でもアイルハヴアナザー&安田翔厩舎・・・
11ハッピーダイアリーの17→ハービンジャー×奥村厩舎で買い?
13ミネルバサウンドの17→高いだけあっていい馬らしいです。知らんけど
16キョウエイハツラツの17→ダート母馬にジャスタウェイ、適性が不透明なのは不安要素
18タニノジュレップの17→ナイトジュレップで母の力を改めて証明。トーセンラーの取捨を決めきれてない現状
19デアリングバードの17→ノルマンらしくない血統もお値段はノルマン価格。牝馬一番人気はこの娘かな?
22フサイチジェットの17→半額なら出資します。と言いたいところですが、この値段でも十分ペイできそうな雰囲気有り。
(馬の値段が多少高くても維持費は格安馬と同じですからね)
25ラインレジーナの17→今年のゴッホ牝馬枠。ミラビリア、ヒマワリときたらいくしかない?

岡田スタッド産の出資が少ないので、今年は岡スタ産多めにしたいと思ってますが、どうなりますか。
本当に気になっている出資候補はシークレットです。
スポンサー
一口馬主DB
楽天市場
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ