一口馬主への投資とロマン

ノルマンディーオーナーズクラブでの一口馬主の記録。 自分なりの馬の選び方や判断基準を綴っていきます。
東京でのサラリーマン生活におさらばして北海道で牧場作業に従事してます。 いつまで続くのやら・・・。
youtubeにあげてる動画はこちらから

2018年07月

シルク申し込み馬決定!&最後まで悩んだ候補馬について

実績ゼロの新規ですので、満口になるか否かギリギリのラインの3頭で申し込みました。
多少票読みもしましたが、結局のところは取れそうな馬ではなく欲しい馬でいきました。
もちろん取れる可能性が限りなくゼロに近い人気どころは諦めましたが、さて結果は如何に。
何頭出資できるか今から楽しみですが、問題は書類が31日(火)までに到着するか、書類に不備がないか・・・。
結果が出た際には当ブログにて報告したいと思います。

【最後まで出資するか悩んだ馬】
※その前にマイルール:ディープインパクト産駒はハイリスクなので検討から除外してます。
(もちろんハイリターンではありますが・・・)

ランキング形式でまとめたいと思います。
1位:60プチノワールの17牡(父ブラックタイド)
種付け料やセリでの取引額を考えると3,500~4,000万円くらいが妥当なのではないか?
それを5,000万円ってことは相当自信があるんじゃないだろうか?
という邪推の元、見事ランキング1位です。
ディープより馬体に幅が出て距離の融通も利きそうで非常に楽しみな1頭だと思います。

2位:46タイタンクイーンの17牝(父オルフェーブル)
オルフェ産駒を選ぶときはスピードのある母だ!という勝手なイメージからランクインです。
しかも、根拠は母の産駒であるストロングタイタンが2回レコード勝ちしているという薄い薄い根拠です。
意外とこういう適当な根拠で出資した方が走りそうじゃないですか?
中間発表の時点で優先で抽選確実なため見送りましたが、楽しみな1頭だと思います。

3位:47ベッラレイアの17牡(父オルフェーブル)
走りそうとか走らなそうとか関係なく「ダイナサッシュの4×4」に魅了されてしまいました。
母であるベッラレイアも好きな馬でした。(コンビだった鞍上の秋山騎手が好き)
こちらも優先抽選が確定的ですので見送りましたが、注目したい1頭です。

4位:23カラヴィンカの17牡(父ゴールドアリュール)
ゴルア牡馬×カタログコメント「勝負根性〇」は買いです。
バリバリのダート血統で外れはないだろうと最後まで悩みましたが、優先順位で次点のため見送りました。
1次で1頭しか取れなかった場合は追加で欲しい1頭ですが、1次で満口になると思いますので書くだけ書いておけばよかったかなと思っている1頭です。

5位:61アーデルハイトの17牝(父クロフネ)
4位5位と芦毛が続いたのは芦毛が欲しかったからです。笑。
母の繁殖成績〇、厩舎〇、白さ〇と非の打ちどころがなかったのですが、芝なのかダートなのか?距離は?デビュー時期は?と適性が読めず、次点となってしまい見送りました。
母父タキオンも気になりましたが、これも申込書に書くだけ書いておけばよかったかな・・・。

ランク外
数日前まで優先使うか悩んでいたシーイズトウショウの17は、血統的にすごく興味ありましたが、胴が長く見栄えに疑問が生じましたので候補から除外となりました。

嬉しい誤算

ノルマンディーの近況更新で嬉しいサプライズがありました。

クイーンズトゥルーの次走が札幌の芝2000mとなり、現在函館に入厩済みと。
以前にすこし書きましたが、一番理想的なパターンが採用されており、後は中2週で使えるか否かといったところに。残りの数週間はトラブルなくいくことを祈りましょう。
また、今回の判断は厩舎側、クラブ側どちらもこの馬の事を真剣に考えてくれているのだな(さすが高い馬だな)と再認識させられましたので、好結果で応えて欲しいものです。

他クラブを経験してないのでなんとも言えない部分もありますが、ノルマンディーのこういったひとつ勝たせて長く走らせようとする姿勢は、零細一口馬主には嬉しい限りですね。
現2歳勢も続々とデビューしてきますので、負けずに頑張れ崖っぷち世代!

【本日の結果】
ミラビリアが新潟12R 500万条件のダ1200mに登場。
先団に取り付け直線入口までは頑張ってくれましたが、追い込み勢に飲み込まれ「なんとか掲示板!なんとか8着までに入れ!」の希望も虚しく10着でゴールイン。
逃げた2番の馬も潰れましたので致し方ない結果なのでしょう。ここで一息入れて次走は得意の中山開催で良いのではないでしょうか。お父さんゴッホの血が覚醒するのを楽しみにしたいと思います。

シルク中間発表!

あらかた予想通りですが、優先馬でもかなり厳しい抽選が待ち構えているのが早速浮き彫りになりました。
さらに一般では抽選すらされない今年からのルールは、まるでこの時期の未勝利馬のような扱い!
除外ラッシュを喰らった後に無抽選ラッシュ。あると思います。

さて、初体験の票読みをしていて悩ましいのが。
1番欲しい馬→ランクインせず
2番目に欲しい馬→優先で抽選がほぼ確定

現在、このような状況なのですが、
【パターン1】2番目に優先使って〇、1番欲しい馬は無抽選で〇。
こうなればもちろんベストのドラフト。

ですが、
【パターン2】2番目に優先使って×、1番欲しい馬も最終的には優先で抽選になり×。
これが可能性として有り得る。

そうするとパターン2を避ける為にパターン1でいこうかと思っているのですが、1番欲しい馬が無抽選だとそれはそれでもったいないような・・・。

ここ2~3日どっちに優先使うか非常に悩んでいます。
ちなみに2番目に欲しい馬はシーイズトウショウの17ですね。
優先使っても取れる可能性低いのでそこも悩ましい・・・。

ドラフト初心者が今さらながら当たり前のことを書き綴ってみました。
ついでにいうと、シーイズトウショウの17が人気しすぎたらタイタンクイーンの17にしようかと思ってましたが、そっちも同じくらい人気でした。ちーん。

シルク17年産 気になった馬その2

つづき


37.ブラックエンブレムの17牝(父ディープインパクト)
名牝の域に入ったブラックエンブレム。満を持してディープをつけたら牝馬と。
ミュージカルウェイの17やリアアントニアの17も同じくディープ牝馬でそちらの方がさらに高額です。ウィクトーリアの活躍がありましたが、前途多難そう。

41.シーイズトウショウの17牡(父ジャスタウェイ)
写真はピンときませんでしたが、唯一のジャスタウェイ産駒
今をときめく父に母父バクシンオーと来たら買いなんですが、優先使っても取れる確率は低そうでしょうね。諦めて別クラブでジャスタウェイ産駒探しますかね・・・。

54.ディープストーリーの17牡(父エピファネイア)
母父ディープにエピファネイア。簡単にサンデーサイレンスの3×4が出来上がりますがどうでしょう。
母父ディープ産駒に目立った活躍馬がキセキ、ケイティクレバー、コロラトゥーレと小粒な点は気になりますね。一応G1馬は出ましたが・・・。

60.プチノワールの17牡(父ブラックタイド)
ブラックタイドの牡馬で5,000万円?!高い!
でも馬体は見て納得の仕上がり。これは自信があるからこの値付けにしたようにしか見えません。
写真では少し小さく見えますが、実際は馬体もしっかりあり不気味な存在。

【総括】
シルクは2頭に1頭以上の確率で勝ち上がるので、何を買ってもいいんではないでしょうか。
G1馬の兄弟、重賞馬の兄弟、産駒全頭勝ち上がりの母など外れを見つける方が難しいですね。
やはり狙うのであれば王道ローテを歩む馬。または、コンスタントに使える低価格帯の馬、のどちらかではないでしょうか。
今年が初めてなので不自然に安い馬や、高い馬の取捨がわかりませんのでその点は注視していきたいと思います。

シルク17年産 気になった馬その1

今年は資金的にシルクはパスしようと思っていましたが、気になる馬がいましたので一気に前向きに検討してしまっている現状です。
買うつもりはなくてもカタログを見るとポチってしまう。あると思います。

【はじめに】
ブラックエンブレム産駒のウィクトーリアがレコードで新馬勝ちしたからこいつだと思いましたが、17年産はディープ牝馬だったので買えません。

【出資基準】
ノルマンディーは2勝くらいできてコツコツ稼いでくれる馬探しでしたが、シルクで求めるのは当然ながらクラシック。
しかし、クラシックで勝負できそうな馬は高いので『オープン~重賞クラスの馬』を狙ってみたいと思います。
ディープインパクト産駒はハイリスクなので検討からは除外します。

【本題】
気になった馬を募集番号順にピックアップしてみたいと思います。

12.アイムユアーズの17牝(父オルフェーブル)
綺麗な栗毛に藤沢厩舎で値段もお手頃。父ドゥラメンテの半弟は1億8,000万円ですし、そら人気なりますわ!
無いと言われている新規枠狙いで特攻するならこの馬。

18.アドマイヤセプターの17牝(父エピファネイア)
同じく綺麗な栗毛で人気のようです(?)。
父の父シンボリクリスエス、父の母シーザリオ、母の父キングカメハメハ、母の母アドマイヤグルーヴってゲームの世界のようなお馬さん。なのになぜかお手頃価格。
この調教師はいい馬預かってる割にG1では勝てないイメージなので勝負師としてのなにかに欠けているのではないでしょうか。
出資できる確率も限りなく0に近いでしょうし、個人的にはパスです。

28.ユキチャンの17牝(父ノヴェリスト)
毛色が話題先行ですが、勝ち上がり率は悪くないお母さん。
父ノヴェリストは距離の融通が利きませんが悪くはないでしょう。
記念に一口行きたいところですが、出資基準外のため、個人的に見送り。

32.シーヴの17牝(父ストリートボス)
馬体写真はピカイチですが(※素人目で見て)この時期の頓挫がどうでるでしょうか?
どちらにしろダート牝馬でこの値段は出せませんので見送りです。

牝馬ばっかり見てますね。笑。
明日につづきます。

スポンサー
一口馬主DB
楽天市場
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ