一口馬主への投資とロマン

ノルマンディーオーナーズクラブでの一口馬主の記録。 自分なりの馬の選び方や判断基準を綴っていきます。
東京でのサラリーマン生活におさらばして北海道で牧場作業に従事してます。 いつまで続くのやら・・・。
youtubeにあげてる動画はこちらから

2018年06月

ホマレが勝った!

6/24(日)東京・3歳未勝利(ダ1400m)津村明秀騎手 結果:優勝

戦前、書きはしませんでしたが、
1.土曜の牝馬限定から日曜日の混合戦へスライド
2.内田騎手から津村騎手へのチェンジ
とこれで負けたらどない責任取ってくれんねん。気分でしたが・・・。

結果は楽勝と。
レースは良いスタートから先団へ、そして直線抜け出してからはしばらく持ったまま。
これは勝ったなと確信したところへ外から一頭迫ってくる。
外からの脚色が良く、これはあかーんと思いましたが、内から再度伸びるホマレ!
1馬身リードをキープしたままゴール!
8e7203d0-s
ミラビリアが勝った時、単複500円買ってたので、それ以降出資馬が出るときは単複500円のお守り馬券(&現地のときは記念の単100円。)

それにしても強い勝ち方でしたね。あの競馬でタイムも良好。これは500万クラスでも楽しみです。
奥村調教師、津村騎手、信じてなくてすいませんでした。これからは全幅の信頼を置いて応援していこうと思います。好判断・好騎乗ありがとうございました。
(当初ホマレが出る予定だった土曜のレースの勝ち馬は3枠5番の津村騎手でした。
 ついでに言うと日曜11R芝ですが1400mのレースも5番の津村騎手。ツムラーデイだったのか)

ちなみに、ヒシミラクルの宝塚記念以来の阪神競馬場に行ってきました。
すると、来場記念グッズのTシャツ当たりました。ここですべての運使ったかな!

b29c4e41-s
メルカリに出したらそれなりの値段になりそうでしたが、ホマレが勝ったからその場で着ちゃいました。笑。

最後にJRAさんよ。競馬場にジャニーズ呼ぶのはやめてください。
競馬に微塵も興味ない人が大挙おしかけたせいで馬見れないのは本末転倒でっせ。
パドックのいい場所に座り込んで動かないやつ多すぎて本当に困りました。
国歌斉唱のざわざわ感もレースに水を差すし良い事なし!
前年比、来場者約120%売り上げ90%になったのはあんたらのせいだ。
もちろんキタサンブラックのようなスターホースが参戦しなかったのも大きいでしょうけどね。

2018年度の募集について

【まずはじめに】
シルクが最優先制度導入とのことで入会を検討していますが、価格の高騰により見送りの方向に傾いております。
月会費も考えると2頭はいきたいところですし、いろいろ難しそう。

【本題】
各社1歳馬募集のラインナップが発表され、次々にツアーや応募が始まる時期になっております。
今年は全体的にバブルな傾向なのか、どこも値段が高くなっている模様。
かといってレースの賞金が高くなるわけではありませんので、こういう時は無理して買う必要ないのではないでしょうか。
値段が落ち着き、安くなった時に数仕入れた方が良い気がしてなりません。

まぁ、そういいつつ横の比較をし、それぞれ予算にあった出資をするのでしょう。
自分は、頭数は揃ってきましたが、2歳馬が少々心もとないラインナップですので、今年は良いドラフトにしたいものです。
まずは、当たりが入っていることを祈ります。

【総括】
1.馬の値段は景気や需要に左右される(高騰中)
2.賞金は景気に左右されずJRAの采配で変動(多少手当の変更があった程度?)
3.そうは言いつつ馬は欲しい
4.大きいとこ狙える馬を買いましょう

頓挫の6月

さて、5月の大躍進から勢いに乗って6月を向かえたかに見えましたが、頓挫続きの6月。
一口馬主の難しさをひしひしと感じております。

【6月の誤算】
アンナラヴェリテが軽度の故障により放牧。挫石はアカン!
ロワセレストは脚元がもやもや・・・。厩舎側の焦りが見えますね。無理させたらアカン!

【今週の出走予定】
今週末は唯一の希望といってもいいホマレが出走予定。
勝ち負けに期待できますが、勝ちきれなかった時が・・・。
時期が時期だけに、そして鞍上強化してますのでここで決めてもらいたいところです。

【在厩馬】
ミラビリアはもう少し時間かかるでしょう。良い状態でレースに臨んでたいところです。
ファントムメナスが中京の開幕週からとのアナウンス。土曜日に500万クラスのダート戦がありませんので7月の出走となりそう。
500万でも目処が立つ競馬をして7月のスタートダッシュになれば良いですが。


【外厩馬】
クイーズトゥルーいつ再入厩するのかな?
馬体重は戻ってきてるようなので、そろそろ頼んます。

基本のんびりかまえてる方だとは思いますが、近況はもやもやしますね。
スカッと2連勝とかしてくれたらモチベーション上がりそう。

ノルマンディー2歳馬(16年産)の残口有り馬を考察 その5。

それでは引き続き考察していきたいと思いましたが、3次募集には改めて検討する必要がありそうな馬がいませんでしたので割愛します。

【3次募集について】
大惨事募集とも名高い第三次募集。
6頭の募集のうち、満口馬が2頭。内1頭は園田所属の地方馬。
中央所属馬だけですと5頭の内1頭が満口。それ以外は残口200口未満が1頭残りの3頭は200口以上の売れ残りとなっております。

どうしたノルマンディー!
いや、これが正当な評価で今までが少し異常だったのでしょう。

ここで焦点は「当たりが入っているのか否か」に。
パッと目につくのは「昆厩舎」の名前。
配合は悪くなさそうですが、まだ小さく、気性的にも幼さが見えて出資には至っていないのでしょうか。近況の写真もまだ少しもこもこしてるのもどうなんでしょうか。プラス材料ではないと思います。

次に目が行くのは満口馬「クイックメールの16」
岡田スタッド産が3次に3頭でてきますが、この馬だけ満口です。
兄弟には、中央2勝馬が2頭、地方馬が2頭、半姉にシュエットヌーベルがいますが、募集時はまだ1勝馬でした。それでも満口になるということは、本馬にそれだけ魅力があるということでしょう。
マンハッタンカフェのラストクロップですので、頑張ってほしいですね。
ひとつ疑問があるとすれば、このタイミングで出てきたのはどういう意図があったのか。
という部分ですね。馬格がありますので疑問が残ります。

そして最後に「プラチナムーンの16」
ノルマン2年目の園田所属馬ですね。
迷いましたが、厩舎・父馬・初仔に期待を込めて出資しました。
早々と満口になりましたが、ノルマン地方馬の活躍があってこそだと思います。
本馬にも活躍してもらい、次年度以降も園田募集があるといいですね。

【総括】
記事にして評価の上がった馬、下がった馬、それぞれありました。
文字に起こすということは、自分の考えを改めて客観的に見れるという、そして冷静になれるということがわかりました。

ノルマンディー2歳馬(16年産)の残口有り馬を考察 その4。

それでは引き続き考察していきたいと思います。

ルール等は前の記事をご参照ください。
考察その1
考察その2
考察その3

【本題】

■ヘンメイレンの16(ヴィクトワールメイ)
 880万円(一口22,000円)残り200口以上
馬体重がない割に腹回りがゆったりしているのが気になりますね。
冬毛が抜けてよくは見えますが、つるんとしていて今後の成長待ちでしょうか。
全兄は中央で2戦して着外が2着。
ヴィクトワールピサを2年連続でつけてますので、配合面でなにか意図したところがあるのかも。
と思いましたが、エンパイアメーカーも2年連続でつけてますのでそういうやり方なのでしょう。きっと。
期待度:★(どういう路線で活躍するのか見えてこず)
出資意欲:★(敢えてこの馬に出資する理由は無し)

■レイラインの16(ホーリーライン)
 920万円(一口23,000円)残り200口以上
格好良く見せるエイシンフラッシュ産駒ですが、パッと見の力強さは感じられません。
近況写真では綺麗な顔立ちが映っており、すこし大人っぽくなったようには見えます。
芝の中距離配合ということでひとつ勝てればおもしろいのでしょうが、芝の牝馬限定未勝利戦の数はそれほど多くなく、難しい番組選択となりそう。
現状少しカッとなりやすい点もマイナスでしょう。
期待度:★(現状はなんとも言えないが、成長力次第では・・・)
出資意欲:★(焦る必要はないでしょう)

■ローズウッドの16(アーブルルージュ)
 1,040万円(一口26,000円)残り約180口
小さい小さいと嫌われ続けましたが、ここにきてプラス30キロで見栄えも良くなってきました。
母父ホワイトマズルにサンデー系ってだけで食指が動きます。(実際にヒマワリにも出資)
初年度産駒で不確定要素が多いですが、だからこそ出資すべきなのでは、と自問自答。
素直なところは大きくプラス要素でしょうか。
期待度:★★(初年度産駒は不安もサンデー×ホワイトマズルのニックスで)
出資意欲:★★(なんとなくかわいいから)

【総括】
育成もそんなに進んでいない組だけあってあまり良くは見えません。
ここから急成長するような兆しが見えたらチェックしたいと思います。

スポンサー
一口馬主DB
楽天市場
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ