一口馬主への投資とロマン

ノルマンディーオーナーズクラブでの一口馬主の記録。 自分なりの馬の選び方や判断基準を綴っていきます。
東京でのサラリーマン生活におさらばして北海道で牧場作業に従事してます。 いつまで続くのやら・・・。
youtubeにあげてる動画はこちらから

2018年05月

ダービーが終わったので一口馬主をガチャに例えてみる。その2

昨日に引き続き、本日は★3のスーパーレアについて記事にしてみたいと思います。

【一口馬主ガチャのルール】
・その名のとおり一口馬主での出資を「ガチャ」に例えてみただけの駄文です。
 レジェンド・ウルトラレア出たらラッキー、ノーマルカードでがっかり。
 そう、出資とはよくある日常の光景と同じだったのです。
・完全に結果論(ガチャを引く前に排出率は非表記の為)ではありますが、
 排出率等は今後の参考になるかもしれませんし、ならないかもしれません。
・あくまでも勝手に検証です。寛大な心で見てください。
・データの抽出等が適当です。性格なのでご容赦ください。
・今回は、日本ダービー終了時のレアリティを記載しております。
 大器晩成型のカードは、今後の活躍でカードが進化する可能性も多いにあり!


★★★3スーパーレア

・ルヴァンスレーヴ(G1)
4戦3勝 主な勝ち鞍:全日本2歳優駿
忘れ去られがちですがG1馬です。JRAは3歳のダート路線があまりにも・・・。

コズミックフォース(サンデー)
6戦2勝 主な勝ち鞍:なし
重賞勝ちはありませんが、ダービー3着の他に京成杯2着など地味ですがよく稼いでいます。

・ステイフーリッシュ(社台)
5戦2勝 主な勝ち鞍:京都新聞杯
G2勝ちは立派ですが、実力はいかほどに?

・キタノコマンドール(DMM)
4戦2勝 主な勝ち鞍:なし
初年度からクラシックを沸かせたDMM。実績だけ見た場合少し過大評価かもしれません。

・リバティハイツ(社台)
5戦2勝 主な勝ち鞍:フィリーズレビュー
少し地味な存在ですが、よく稼いでます。

・プリモシーン(シルク)
5戦2勝 主な勝ち鞍:フェアリーS
年明け早々は話題になりましたが、クラシックの結果は今一つ。
乗り方ひとつなのか、それとも厩舎力の問題なのか。わたしは後者だと思います。

・アンフィトリテ(キャロット)
3戦3勝 主な勝ち鞍:なし
実は無敗。苦戦が続くキャロット3歳勢の中、輝けるか・・・。


とりあえず以上の7頭をピックアップして今回のガチャ結果とさせていただきます。

【総括】
40口馬が大活躍の2015年産。
おとなしくサンデーレーシングで馬買うのが成功の近道だと痛感させられます。
大口クラブではシルクの大躍進。これは言わずもがな。
今年、来年くらいはさらなる大抽選会になりそうですね!
皆様がスーパーレア以上をひけるようお祈り申し上げます。




ダービーが終わったので一口馬主をガチャに例えてみる

2018年第85回日本ダービーも終わりました。
やはりダービーは特別で、一つの区切りがついた感があります。
まだまだ夏競馬、そして秋のクラシックはありますが、
余韻冷めやらぬ今、2015年産について恒例のガチャに例えてみたいと思います。

【一口馬主ガチャのルール】
・その名のとおり一口馬主での出資を「ガチャ」に例えてみただけの駄文です。
 レジェンド・ウルトラレア出たらラッキー、ノーマルカードでがっかり。
 そう、出資とはよくある日常の光景と同じだったのです。
・完全に結果論(ガチャを引く前に排出率は非表記の為)ではありますが、
 排出率等は今後の参考になるかもしれませんし、ならないかもしれません。
・あくまでも勝手に検証です。寛大な心で見てください。
・データの抽出等が適当です。性格なのでご容赦ください。
・今回は、日本ダービー終了時のレアリティを記載しております。
 大器晩成型のカードは、今後の活躍でカードが進化する可能性も多いにあり!


★★★★★5レジェンド

アーモンドアイ(シルク)
文句なしのレジェンド。
シンザン記念を皮切りに桜花賞・オークスを制覇。残すは1冠のみ。

調べたところ募集時の申し込み口数は約670口。実績ボーダーが約66万円。
300口が実績ですので残り200口を370口の応募から抽選という結構現実的な抽選倍率。2分の1を通すだけでレジェンドが手元に。
(ちなみにシルクの1番人気馬は、スワーヴリチャードの妹で現在1勝500万クラスとシルク会員の見る目のなさを露呈馬選びの難しさを改めて目の当たりにした次第であります。)


エポカドーロ(ユニオン)
5戦3勝 主な勝ち鞍:皐月賞馬
皐月賞を制覇後、ダービー2着でレジェンドの仲間入り。


・ラッキーライラック(サンデーR)
6戦4勝 主な勝ち鞍:阪神JF、チューリップ賞
G1勝ちひとつに、G1の2着3着がそれぞれ1回、そしてG2勝ち。
十分レジェンド級の活躍でしょう。先々も楽しみな1頭です。

以上3頭がレジェンドでした。

★★★★4ウルトラレア

ステルヴィオ(サンデーR)
7戦3勝 主な勝ち鞍:スプリングS
朝日杯2着、スプリングSを制覇もG1では勝ちきれないレースが続く。
終いの足は確実で、展開次第か。

タイムフライヤー(サンデーR)
8戦3勝 主な勝ち鞍:ホープフルS
年末の2歳G1を勝利するもその後が低迷。復活なるか。

ブラストワンピース(シルク)
4戦3勝 主な勝ち鞍:毎日杯
無敗でダービーへ挑戦も直線前が壁になる不利もあり戴冠ならず。
戦前にも書きましたが、やっぱりスマートオーディンに被るキャラ。
スケールの大きな馬で、無事なら大きいところも勝てるでしょう。
(ちなみに満口馬が大量に出る中で、この馬は一次募集では満口にならず無抽選で取れたようです。
 シルク会員の見る目のなさをまたまた露呈する結果に

リリーノーブル(サンデーR)
6戦2勝 主な勝ち鞍:なし
王道ローテを歩んだせいもあり重賞勝ち鞍はないもののG1を2着→3着→2着と惜しい成績。
骨折という悲しい知らせがありましたが、今年中に重賞のひとつくらいは勝つのではないでしょうか。

ギベオン(社台RH)
4戦2勝 主な勝ち鞍:なし
デビューから2連勝後、毎日杯2着→NHKマイルC2着と惜しい競馬。
重賞は勝てる器だろうということでこの評価です。


【総括】
サンデーレーシングガチャなのかな?
サンデー以外でレジェンド級を探すのは至難の業というのが改めてわかりましたが、
なんとシルク・ユニオンからレジェンドが登場した2015年産ガチャ。夢がありますね。

スーパーレアについては次の記事で。
つづく




一口馬主の「馬の選び方」その3。厩舎編。

皆さん、馬選び、楽しんでますかー?

本日は、一口馬主1年生のわたくしが、この1年で覚えた言葉。
そして2年生になったわたくしが馬選びの際に重要なファクターとして利用するポイントをお伝えしたいと思います。

それは「厩舎選び」です。
この1年『NG厩舎』という言葉を何度聞いたでしょう。
もちろん相性があるので一概には言えないと思いますが、
この1年各馬の近況や、転厩など色々な事象を傍目に見ていて。
「これはあるな」と。切実に感じた次第であります。

【ノルマンディー(勝手に)おすすめ厩舎】
昆厩舎
・実績もノルマン相性も良し。安心感といいますか、安定感のある印象です。

高木登厩舎
・名牝キョウエイトルースの子はこの厩舎。クイーンズトゥルーも宜しくお願いします。

国枝栄厩舎、山内厩舎
・言わずもがな、ベテラン厩舎

尾形和厩舎
・ブラゾンドゥリスを重賞馬に。ロワセレストで結果が出てませんが、師自身が調教に乗ってくれたりと悪い印象はなし。結果がついてこれば胸を張っておすすめしたい厩舎です。

田中淳厩舎(北海道)
・ローズジュレップを重賞馬にし、今年はハッピーグリンで中央挑戦。腕は間違いないでしょう。


【ノルマンディー個人的NG厩舎】
宮厩舎
栗田徹厩舎

・書いても気分が良い事はないと思いますので、理由は割愛します。
・あくまで個人的なNGですので、気にしなくて問題ないと思いますし、気にしたところで失敗する確率がちょっと下がるかも程度です。


始めにイメージした期待値を越えれるか、越えれないかの部分を「厩舎」が占める割合はかなり大きいのではないかと思います。
適性の見極めからレース選択。もちろん日々のトレーニングやケア、そして異変に気付くスピード。
もちろん目に見えない部分が大半だとは思いますが、うまく見極めていければと思います。


一口馬主の「馬の選び方」その2。

2015年産ノルマンディーから一口馬主をはじめ、勝ち上がり率50%(+地方馬)を記録している奇跡の男の馬選びです。←やかましい。

【最重要出資基準】
馬代金+2,000万円(引退までの維持費概算)

→上記の金額を獲得賞金が越えるポテンシャルがあるか否か(稼げそうか、稼げなさそうか)で判断します。 

馬代金は血統等で大きく差が出ますが、それ以外の維持費(飼葉代、輸送費、その他諸々の経費)は安馬も高額馬も大した差はないのでまずは上記の式で計算します。
1億の馬も1,000万円の馬も買った後にかかる費用はほぼ同じ』
ここ、テストに出ます。

それでは2014年産のノルマンディーを参考にしてみたいと思います。
nor2014

1位~3位は文句なしでプラスですね。後は走れば走るだけ儲かります。
4位、5位も同じように既にプラス域でしょうか。走れば走るだけ儲かります。
6位、8位、9位がちょうど損益分岐点あたりでしょうか。ここからは走れば走るだけ儲かります。
7位の馬は高額な分あと少し、今後の活躍に期待です。
10位はあと1勝、それ以下に関しては2勝が欲しいところですね。

注目すべきは4位、6位、7位あたりでしょうか。ペイラインまではきておりますが、高額な分十分にプラスとは言えません。(諸々差し引かれるお金もあるので)

逆に3位、5位あたりは格安馬にも関わらず稼いでくれています。
3位のデスティニーソングは、現段階でざっくり一口あたり約5万円の収益ですね。知らんけど。

【総括】
安馬は2つ勝てるかを見極める。
中間価格馬3勝プラスアルファがありそうか見極める。(条件戦での入着や、2歳重賞など)
高額馬は重賞勝てる自信があればGO!ではないでしょうか。



第85回東京優駿 日本ダービーを予想してみる。

このブログは競馬予想ブログではないので、基本的には予想はのせないつもりでしたが、
せっかく年に一度のお祭り日本ダービーですので注目馬をあげたいと思います。
(他の重賞レースも年に一度しかないってツッコミはお断りします。)

気になる馬を枠番の順に。

1.ダノンプレミアム
文句なしに強いのはこの馬でしょう。
ただ絶対がないのが競馬です。折り合いを欠いたら勝ち負けは厳しいのではないでしょうか。
馬券的にはおもいきって切りたい1頭ですね。


5.キタノコマンドール
皐月賞は計ったような5着。
ダービーの権利狙いだったかのような走りには疑問を呈しますが、ステルヴィオにくっついてこれたのは力がある証でしょう。
ただこのメンバーで勝ち負けは・・・?
バヌーシーがダービーを勝っちゃったら一口馬主界はどうなるのでしょうか。
興味がつきない1頭ですが、馬券的には切りたいと思います。


6.ゴーフォザサミット
青葉賞馬がダービーを勝つイメージがまったくわきませんね。
ゼンノロブロイ・アドミラブルあたりと同等と考えるとダービーではひもまででしょうか。
後々大きなところで走ってきそうですが、現段階ではひもまでで。

8.ブラストワンピース
スマートオーディン?ローテや脚質のせいだとは思いますがキャラが被って仕方ありません。
スマートオーディンのダービーは下手くそに乗ったせいでとびましたが、ブラストワンピース&池添騎手のコンビなら大丈夫でしょう。
4コーナーから加速して直線外出せれば勝ち負けまで。馬群を突くような競馬したら二の舞でしょう。
先週のアーモンドアイに続きシルク2週連続クラシック制覇なるか。
注目の1頭。

90_assoc728x90

12.エポカドーロ

皐月賞馬。フロック視されているのか人気はあまりありませんね。
今回は、ダノンプレミアムがいますのでそのあたりがどうか。同じような競馬をしたら分が悪いので思い切った競馬をしてほしいですね。
一発あってもおかしくないのではないでしょうか。


15.ステルヴィオ
カナロア産駒2週連続のクラシック制覇なるか。
十分に勝ち負けの可能性はあると思います。展開次第。


16.ジェネラーレウーノ
気になる8枠の1頭。
皐月賞で一番強い競馬をしたのはこの馬ではないでしょうか?
田辺騎手なので思い切った競馬をしてくれるでしょうし、後ろが牽制しあえば面白い1頭ではないでしょうか。
まぁ。外国人騎手がそう簡単には逃がせてくれないでしょうが・・・。


17.ワグネリアン
気になる8枠の中でも注目の1頭。
弥生賞はダノンプレミアムの2着。実力があるのは間違いないでしょう。
皐月賞は1番人気、多頭数と展開が向きませんでしたが、広い東京コースで一変まで。
外枠が不安視されていますが、内枠でドン詰まりのお家芸を見せられるより、外ぶん回してくれた方が可能性があるのではないでしょうか。
馬券はこの馬から。


18.サンリヴァル
気になる8枠最後の1頭。
ルーラーシップ産駒はクラシックの紐によく絡む印象で、
今回も軽視すると紐抜けで悲しい思いをしそうです。

スポンサー
一口馬主DB
楽天市場
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ