【まずはじめに】
シルクが最優先制度導入とのことで入会を検討していますが、価格の高騰により見送りの方向に傾いております。
月会費も考えると2頭はいきたいところですし、いろいろ難しそう。

【本題】
各社1歳馬募集のラインナップが発表され、次々にツアーや応募が始まる時期になっております。
今年は全体的にバブルな傾向なのか、どこも値段が高くなっている模様。
かといってレースの賞金が高くなるわけではありませんので、こういう時は無理して買う必要ないのではないでしょうか。
値段が落ち着き、安くなった時に数仕入れた方が良い気がしてなりません。

まぁ、そういいつつ横の比較をし、それぞれ予算にあった出資をするのでしょう。
自分は、頭数は揃ってきましたが、2歳馬が少々心もとないラインナップですので、今年は良いドラフトにしたいものです。
まずは、当たりが入っていることを祈ります。

【総括】
1.馬の値段は景気や需要に左右される(高騰中)
2.賞金は景気に左右されずJRAの采配で変動(多少手当の変更があった程度?)
3.そうは言いつつ馬は欲しい
4.大きいとこ狙える馬を買いましょう