一口馬主への投資とロマン

ノルマンディーオーナーズクラブでの一口馬主の記録。 自分なりの馬の選び方や判断基準を綴っていきます。
東京でのサラリーマン生活におさらばして北海道で牧場作業に従事してます。 いつまで続くのやら・・・。
youtubeにあげてる動画はこちらから

ノルマンディー2016年産の出資状況と心境

2014年産までの活躍と2015年産の大失敗で一躍有名クラブの仲間入りをしたノルマンディーオーナーズクラブ。
「人気クラブ化」から「育成の失敗が表面化する」狭間に募集された悪意のある売り出し方をされた
2016年産について物申してみたいと思います。

馬名にまだ慣れていないので母名でメインです。

出資馬2頭について
・ジョウノボレロ16(アイヴィーザ)
今をときめくロードカナロア産駒!
本当はギリギリまで出資するか悩んでいましたが、ジョウノファミリー・フォーミーの本命2頭が抽選倍率激化のため、保険で申し込みをしました。
今となっては安値でカナロア産駒ゲットできてラッキー!
来年以降カナロア産駒の価格がどうなるか、今から楽しみですね。
(もう買えなくなるでしょうね・・・。)

・ラドランファーマ16(ヒマワリ)
岡田スタッドのゴッホ産駒で格安の牝馬ってことで出資。
検討会等では体質が弱くあまり良いコメントがなかった記憶ですが、母父ホワイトマズルも相まって先行募集で申し込み。
作戦名『2匹目のどじょう作戦』です。


落選馬2頭
・フォーミー16
どこぞのクラブのように最優先があればこの馬にいっていました。
父の産駒に出資したいと考えていた矢先にレッドファルクスの大活躍、この馬の兄も勝ち上がり、悲しい悲しい落選です。にしても買うタイミングは本当に抜群ですね。

・ジョウノファミリー16
言わずもがな、ライジングリーズンの全妹。
ちょっと高い気もしますが、姉の活躍を考えると安いのでしょう。
十分プラス収支が見込めるということで申し込みも落選。


見落とした馬
・パリージョ16 
トーセンラーに馴染みがなく、4頭に申し込みをしたのでそこで満足して見落としていました。
ミラビリアでお世話になっている中舘先生ですし、出資したかった・・・。


【総括】
人気クラブ化によって抽選倍率激化のノルマンディーオーナーズクラブ。
こうなってしまってはもうノルマンディーで馬を買うメリットは激減!
クラシックを狙える他クラブに全力でいき、戦力が揃わなかった路線(主に短距離ダート)を補充する程度で良いのではないでしょうか。

ちなみにわたくし個人としましては、予算の都合上、今年もノルマンディーのみになると思います。
当たりが2割は入っていると信じてガチャを回してみたいと思います。

ノルマンディー2015年産の出資理由等

ノルマンディー2015年産の出資時について記憶の範囲で書き綴ってみたいと思います。
どういう判断が成功し、どういう判断が失敗するのか。
今後の指針になるかもしれませんし、ならないかもしれませんが、備忘録として記します。
※すべて記憶で書き綴りますので、細かな間違いはご容赦ください。

1次募集
■ロワセレスト
クラブ選びをしている時にひとめぼれ。
ノルマンの月会費が安いことも相まって入会&出資。

■ミラビリア
岡田スタッド産の安い牝馬・ゴッホを買えってどこかに書いていたので出資。
馬体がきれいでシルエットが美しい。

■クイーンズトゥルー
サウンドトゥルーの下でキンカメ産駒とのことで少々お高いが出資。
遅生まれで小さくボロカス言われてましたが、地方出戻りも視野に入れてと牧雄さんのコメントをどこかで目にし出資を決意。
繁殖に上がった際、母馬優先で1口持てるのも後押し。

2次募集
■ファントムメナス
ルーラーシップ・ゴッホ買ったからダート馬欲しい。
あ、ゴルアだ、これにしよう。ポチ。

■ジャスパーゲラン
妹氏におすすめを聞いたところクグロフかジャスパーゲランとのこと。
サウスよりフレンチってことでこちらへ。この選択が今となって吉とでる。

■ホマレ
申し込み開始前後で兄のシゲルコングが全日本2歳優駿を2着。
ノルマン民注目のローズジュレップが3着のレースだったこともあり、勢いでポチ。

3次募集
2次で買いすぎたからもういらない。

4次募集
■ヴァイスブリッツ(落選)
馬体が格好良い、エイシンフラッシュ×昆厩舎。
ポチ→からの落選。
落選王になることをこの時は知らなかった。

■アンナラヴェリテ
500万円の馬安くてええやん!
ノルマンの地方馬走るしええやん!
園田じゃ回収できないのでは?と一抹の不安がよぎるも、
回収できるかどうかはやってみないとわからん。ってことで出資。
現状、金銭的には回収できてないが、神戸在住ということもあり、満足度は高い。


結果としては7頭出資中4頭が勝ち上がり(地方馬1頭含む)ですが、
よくよく考えたところ、馬体を見れない、血統も良くわからない。
もっぱら「かわいい・かっこいい・きれい」という判断基準。
しいて言うなれば、近親に活躍馬がいたほうがいいような、別に良くないような・・・。
という、本当にタメにならない記事でした。

【勝手な結論】
もしかすると、わからないくらいがちょうどいいのかもしれません。
ビギナーズラックと言われればそれまでですが、中途半端な知識は逆に失敗の基になるのではないかと感じました。
今後も好きな馬や目についた馬を買いたいと思います。

90_assoc728x90

スポンサー
一口馬主DB
楽天市場
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ