一口馬主への投資とロマン

ノルマンディーオーナーズクラブでの一口馬主の記録。 自分なりの馬の選び方や判断基準を綴っていきます。
東京でのサラリーマン生活におさらばして北海道で牧場作業に従事してます。 いつまで続くのやら・・・。
youtubeにあげてる動画はこちらから

いざ聖地巡礼!inノルマンディーファーム

遂にやって参りましたノルマンディーファーム
DSC_1480

初めて訪れましたがなぜか既視感のある光景(風景?)。
とりあえずは入口で撮影タイム。

そこから少し進むと女性スタッフが見え、駐車場へと誘導され見学開始。
北海道にまだ残っていた2頭アイヴィーサとヒマワリを見学。
(残っていて嬉しい反面、そろそろ本州に移動してもらわないと・・・。)

一番手前の馬房に陣取っていたアイヴィーサ
DSC_1481
ほんとおとなしくてじっとしてるし触っても全然嫌がる素振りなし。
競馬に行って大丈夫なのか逆に不安になる落ち着きぶりでした・・・。
少し疲れが見えるようで電気針での治療を行ったとのこと。
様子を見て再度するかもとのことで、まだ時間はかかりそうですね。
まぁ、そのへんは15年産で慣れているので問題なし。

続いてヒマワリ

DSC_1491
左後ろ足の靴下を履き忘れたまま出て来てしまいました。笑。
こちらは怪我の影響でぽっちゃりさんに進化しておりました・・・。
現在は1時間の運動のみとのことですが、ここからシェイプアップしていくとのこと。
募集当初から時間がかかるだろうとは想定していましたので、こちらもじっくりみっちり育てていってほしいなと思います。

おまけ

DSC_1508
ノルマンディーファームで休養中のじゃじゃ馬ちゃん!ブランメジェール
外から覗いたら顔を出してくれました。

クイーンズトゥルー 一旦終戦

9/15(土)中山・3歳未勝利(芝2000m・混)柴田善臣騎手 結果12着

芝の2000mにこだわってここまできましたが、残念ながら勝ち上がりならず。

レースは好スタートから中団待機。3コーナーから4コーナーにかけて抜群の手ごたえで進出開始!
進路なくね?!と思った瞬間外へ!だがそこへ大外から内へ切り込む赤い帽子。クイーンズトゥルーは敢え無く進路がなくなり挟まれ後退。
なんとも物議を醸しだしそうな騎乗でしたが勝ちに行っての外選択ですので致し方なし。悔しいですが、勝ち馬に乗った津村騎手をほめるべきでしょう。
2着に入った馬がクイーンズトゥルーが外に行った瞬間を内に入った田辺騎手という。
まぁ。騎手の差なんでしょうが。これ以上は言ってもどうもなりませんのでこのへんで。
(ミラビリアを勝たせてくれた田辺騎手と、ホマレを勝たせてくれた津村騎手にやられるというなんとも言えない終戦でした。。。)

春まではのんびりしていた馬が、この暑い夏場によくがんばってくれました。
さて、今後ですが、少し休んで再出発となるのでしょうか。
芝で好走して欲目が出ていますが、元々晩成だとわかっていた馬ですので、じっくり成長していってほしいなと思います。
ここからの1週間はどういう処遇になるか、ドキドキですが、続報を待ちたいと思います。
スポンサー
一口馬主DB
楽天市場
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ