一口馬主への投資とロマン

ノルマンディーオーナーズクラブでの一口馬主の記録。 自分なりの馬の選び方や判断基準を綴っていきます。

2018年度の募集について

【まずはじめに】
シルクが最優先制度導入とのことで入会を検討していますが、価格の高騰により見送りの方向に傾いております。
月会費も考えると2頭はいきたいところですし、いろいろ難しそう。

【本題】
各社1歳馬募集のラインナップが発表され、次々にツアーや応募が始まる時期になっております。
今年は全体的にバブルな傾向なのか、どこも値段が高くなっている模様。
かといってレースの賞金が高くなるわけではありませんので、こういう時は無理して買う必要ないのではないでしょうか。
値段が落ち着き、安くなった時に数仕入れた方が良い気がしてなりません。

まぁ、そういいつつ横の比較をし、それぞれ予算にあった出資をするのでしょう。
自分は、頭数は揃ってきましたが、2歳馬が少々心もとないラインナップですので、今年は良いドラフトにしたいものです。
まずは、当たりが入っていることを祈ります。

【総括】
1.馬の値段は景気や需要に左右される(高騰中)
2.賞金は景気に左右されずJRAの采配で変動(多少手当の変更があった程度?)
3.そうは言いつつ馬は欲しい
4.大きいとこ狙える馬を買いましょう

頓挫の6月

さて、5月の大躍進から勢いに乗って6月を向かえたかに見えましたが、頓挫続きの6月。
一口馬主の難しさをひしひしと感じております。

【6月の誤算】
アンナラヴェリテが軽度の故障により放牧。挫石はアカン!
ロワセレストは脚元がもやもや・・・。厩舎側の焦りが見えますね。無理させたらアカン!

【今週の出走予定】
今週末は唯一の希望といってもいいホマレが出走予定。
勝ち負けに期待できますが、勝ちきれなかった時が・・・。
時期が時期だけに、そして鞍上強化してますのでここで決めてもらいたいところです。

【在厩馬】
ミラビリアはもう少し時間かかるでしょう。良い状態でレースに臨んでたいところです。
ファントムメナスが中京の開幕週からとのアナウンス。土曜日に500万クラスのダート戦がありませんので7月の出走となりそう。
500万でも目処が立つ競馬をして7月のスタートダッシュになれば良いですが。


【外厩馬】
クイーズトゥルーいつ再入厩するのかな?
馬体重は戻ってきてるようなので、そろそろ頼んます。

基本のんびりかまえてる方だとは思いますが、近況はもやもやしますね。
スカッと2連勝とかしてくれたらモチベーション上がりそう。

アーカイブ
スポンサー
一口馬主DB
楽天市場
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ